チャンピオンアップデートについて、Riot JPに問い合わせしてみました。

個人的に、チャンピオンアップデートについて、RiotJPに直接聞いてみたいことがあったので、問い合わせしてみました。 その回答が返ってきましたので、少しだけ紹介したいと思います。 質問内容原文 チャンピオンアップデートについていくつか質問があります。 1.RiotJPはチャンピオンアップデートについてどの程度関与していますか?? NAのボードなどを見ていると、チャンピオンアップデートに深く関わりのあるプロダクトマネージャー、REAV3氏やリードゲームプレイデザイナーのMeddler氏などがコミュニティからの、「○○をリメイクする可能性はあるか?」というような質問に受け答えしています。 そこで気になったのですが、RiotJPはどの程度までチャンピオンアップデートに関与しているのでしょうか? 本家Riotから「○○をリメイクするから、日本版声優とかローカライズよろしく。」と言われて、その指示に従っている"ローカライズ専門"のような立場なのでしょうか? それとも、ある程度ゲームプレイに関する会議などを行い、「RiotJPとしては、○○をリメイクした方が良いと感じる。また、日本のプレイヤーもそれを望んでいる。」と、Riotへのフィードバックを行っているのでしょうか? 1の回答が関与している場合に…… 1-2.リメイクを行う可能性があるチャンピオンを教えていただけませんか? 個人的にいろいろ調べた感じでは、「パンテオン」「イレリア」「アーゴット」「アムム」「チョ=ガス」「ムンドー」「フィドル」「ケイル」「モルガナ」「ノクターン」「トリンダメア」「ティーモ」 などがリメイクのリストにのっていると書いてありました。英語なので、正しく解釈できているかは怪しいですが、これらのリメイクを行う可能性のあるチャンピオンについて なにか情報はありますか? 可能な限り教えて欲しいです。 情報ソース:http://boards.na.leagueoflegends.com/en/c/story-art/Aa02NmcX-i-feel-like-we-need-to-do-vus-by-themselves-again?sort_type=best 1-3.コミュニティボードで、NAと同じように「○○をリメイクする可能性はあるか?」と質問をしたら可能な限り回答して貰えますか? (「1-2のような"漠然とした"ものに回答はできないが、チャンピオン名やロールを指定してくれれば知っていることを教えてくれる」 というような感じでしょうか?) 回答できないのであれば、正直NAがずるいと思います。"英語が使える人"は開発陣と直接会話をするチャンスを与えられるが、"英語が使えない人"はそれができない というのは不公平に感じます。勉強しろ というお話ですし、直接会話して得た情報が勝敗に影響するとは思いませんが、なんだかなー と思ってしまいます。 長文になってしまい申し訳ないです。よろしくお願いします。 質問するまでのいきさつ 現在、News.LoL-gg.netに載っている、チャンピオンアップデートについての噂は、すべてNAのボードやReddit等で情報を得ています。 NAでは、直接的な開発を行っている人とコミュニケーションが取れるので、公式的な発表よりも前に、"噂"段階の最新情報を得ることが出来ます。 Riot JP ができたなら、日本にも開発陣がいるのかな? 居るんなら、日本語でコミュニケーション取れるし、NAよりも情報の正確性(英語翻訳的な意味で)があがるな~。と思ったので問い合わせしてみました。 年末(28日)にしたのですが、ブリッツさんから回答をもらったり、専門チームに質問を回してもらったりしていたので、数日前に回答が来ました。 回答 内容をそのまま掲載しても良いとは思いますが、見にくくなってしまうので内容を少しだけ要約して掲載します。(10ヶ月まえに問い合わせしたときに、"余談:ブログとかに載せてもいい?"って聞いたのに回答来なかったんで少し不安ですが……。余談には回答しない主義なのかもしれませんが。) 1.RiotJPはチャンピオンアップデートについてどの程度関与していますか?? RiotJP は残念ながらチャンピオンアップデートやゲームプレイにはそれほど深く関わっておりません。RiotJP は主にローカライズに注力しております。また、チャンピオンアップデートはプレイヤーのフィードバックによって決めているわけではなく、NA の専門チームが全世界のプレイ統計や目指すべきゲームプレイに合わせて決めております。その点を踏まえると、間接的ではありますが、日本サーバーのプレイヤーもチャンピオンアップデートに携わっているといえます。 1-2.リメイクを行う可能性があるチャンピオンを教えていただけませんか? 恐れ入りますが、こちらはお答えすることはできません。正式に決定した際には下記のページにてご報告させていただきますので是非、チェックしてみてください! ■ チャンピオンのアップデート http://jp.leagueoflegends.com/ja/news/champions-skins/champion-update 1-3.コミュニティボードで、NAと同じように「○○をリメイクする可能性はあるか?」と質問をしたら可能な限り回答して貰えますか? 可能な限り回答いたしますので、もしよろしければコミュニティー・ボードに投稿してみてください。コミュニティー・ボードの URL はこちらです。 ■ コミュニティー・ボード http://boards.jp.leagueoflegends.com/ja-jp/ またボードに関しては、日本と NA では情報の差が多少なりともあり、不公平と感じるお気持ちは大変よくわかります。しかし、NA のデベロッパーのボードでの発言は一時的な情報が多く、正確な情報でないこともあります。RiotJP は、公式の発表に関しましては可能な限り早く、日本のプレイヤーさまとリーグ・オブ・レジェンド公式サイトを通じて共有するよう努めております。 Riot
Read More
チャンピオンアップデートについて、Riot JPに問い合わせしてみました。

LJL 2017は、オフライン特設スタジオ から中継されるようです! スケジュールも出ていますよ!

LJL2017のスケジュールが発表され、1月20日から始まることが明らかになっています。また、今年から「オフライン特設スタジオ」から中継されるようです。 http://jp.lolesports.com/news/spring2017start 大会スケジュール 大会スケジュール レギュラーシーズン (Round1 – Round10) 日程:2017年1月20日(金) ~ 3月25日(土) 各金・土曜日にて開催 金曜日20:00~ (1 試合) 土曜日 17:00~ (2 試合) 試合方式:BO3(2 本先取制) ※レギュラーシーズンの上位 3 チームがプレイオフへ進出することができます。 ※Round6 と Round7 は開催曜日が異なります。詳細は下記対戦組み合わせをご確認ください。 プレイオフの詳細は後日発表いたします。 放送URL Twitch : https://www.twitch.tv/riotgamesjp アーカイブ 随時LJL公式youtubeにアップします。 Youtube : https://www.youtube.com/channel/UCiN3B0QRdL4wn1TMJ_cJyMQ 出場チーム Rampage(1位)
Read More
LJL 2017は、オフライン特設スタジオ から中継されるようです! スケジュールも出ていますよ!

ワーウィックのチャンピオンアップデート(リメイク)詳細が発表されていますね。【スキルダメージ等の詳細あり】

先日、チャンピオントレイラーが公開されましたが、すでにワーウィックのチャンピオンアップデート詳細が発表され、スキルやスキンのスプラッシュアートが明らかになっています。 http://jp.leagueoflegends.com/ja/featured/champion-warwick-uncaged-wrath ※考察有り ワーウィック 固有スキル:永遠の渇き https://youtu.be/5npitKC62OY 通常攻撃で追加魔法ダメージを与える。自身の体力が半分以下の場合、追加ダメージと同量だけ体力を回復する。 8 + 2 per levelの追加ダメージ ヘルスが50%以下の時、追加ダメージ分回復 ヘルスが25%以下の時は、効果が3倍になる Q:野獣の牙 https://youtu.be/gihtOP7Pvcw 前方の敵に噛みつき、与えたダメージの一部と同量だけ体力を回復する。Qを押したままにするとその敵の背後に向かってジャンプする。 50/60/70/80/90マナ クールダウン6秒 キーを押しっぱなしで、対象の後ろに移動 トータルAD120%+1.0APレシオ +ターゲットの最大ヘルス6/7/8/9/10%のダメージ ダメージの30/40/50/60/70% を回復 W:血の追跡 https://youtu.be/swRMoa9xC-0 自動効果: 体力が半分以下に低下した敵チャンピオンが通り道に血の跡を残すようになり(効果範囲はマップ全体)、その敵に「血の追跡」が適用される。「血の追跡」が適用された敵に対してはワーウィックの攻撃速度が増加し、その敵に向かって移動する時は非戦闘時に限り移動速度が大幅に上昇する。体力が残りわずかの敵に対しては、これらの効果が3倍になる。攻撃速度の増加は、中立モンスターに対しても適用される。 体力が50%以下の敵に対して、攻撃速度が50/80/95/110%増加 非戦闘時の移動速度が、低ヘルスの敵に対して35/40/45/50/55%増加 20%以下の敵に対しては効果が3倍になる 発動効果: もっとも近くにいる敵チャンピオンに「血の追跡」が適用される。この効果はたとえ敵の体力が満タンだったとしても発動する。「血の追跡」の発動効果には長いクールダウンがあるが、「追跡」されている敵チャンピオンがいない間は、クールダウンが2倍の速さで解消する 70マナ クールダウン120/105/90/75/60秒
Read More
ワーウィックのチャンピオンアップデート(リメイク)詳細が発表されていますね。【スキルダメージ等の詳細あり】

パッチ7.1以降に、ブラッドミア/ニダリー/マスターイーのバフが予定されています。

どうやら、パッチ7.1以降の7.2/7.3辺りで、ブラッドミア/ニダリー/マスターイーのバフが予定されているようです。NA Rioter である Meddler氏が発言しています。 http://www.surrenderat20.net/2017/01/red-post-collection-meddler-on-marksmen.html#more ※考察無し ニダリー 「We'll be buffing Nid in 7.2. Not sure what changes yet, would be aiming for a fairly
Read More
パッチ7.1以降に、ブラッドミア/ニダリー/マスターイーのバフが予定されています。

ワーウィックのチャンピオントレイラーが公開されています!! 「悪魔の改造手術」に出てきた武器などが確認できます。

先日、チャンピオントレイラーが公開されましたが、すでにワーウィックのチャンピオンアップデート詳細が発表され、スキルやスキンのスプラッシュアートが明らかになっています。 http://jp.leagueoflegends.com/ja/featured/champion-warwick-uncaged-wrath ※考察有り ワーウィック 固有スキル:永遠の渇き https://youtu.be/5npitKC62OY 通常攻撃で追加魔法ダメージを与える。自身の体力が半分以下の場合、追加ダメージと同量だけ体力を回復する。 8 + 2 per levelの追加ダメージ ヘルスが50%以下の時、追加ダメージ分回復 ヘルスが25%以下の時は、効果が3倍になる Q:野獣の牙 https://youtu.be/gihtOP7Pvcw 前方の敵に噛みつき、与えたダメージの一部と同量だけ体力を回復する。Qを押したままにするとその敵の背後に向かってジャンプする。 50/60/70/80/90マナ クールダウン6秒 キーを押しっぱなしで、対象の後ろに移動 トータルAD120%+1.0APレシオ +ターゲットの最大ヘルス6/7/8/9/10%のダメージ ダメージの30/40/50/60/70% を回復 W:血の追跡 https://youtu.be/swRMoa9xC-0 自動効果: 体力が半分以下に低下した敵チャンピオンが通り道に血の跡を残すようになり(効果範囲はマップ全体)、その敵に「血の追跡」が適用される。「血の追跡」が適用された敵に対してはワーウィックの攻撃速度が増加し、その敵に向かって移動する時は非戦闘時に限り移動速度が大幅に上昇する。体力が残りわずかの敵に対しては、これらの効果が3倍になる。攻撃速度の増加は、中立モンスターに対しても適用される。 体力が50%以下の敵に対して、攻撃速度が50/80/95/110%増加 非戦闘時の移動速度が、低ヘルスの敵に対して35/40/45/50/55%増加 20%以下の敵に対しては効果が3倍になる 発動効果: もっとも近くにいる敵チャンピオンに「血の追跡」が適用される。この効果はたとえ敵の体力が満タンだったとしても発動する。「血の追跡」の発動効果には長いクールダウンがあるが、「追跡」されている敵チャンピオンがいない間は、クールダウンが2倍の速さで解消する 70マナ クールダウン120/105/90/75/60秒
Read More
ワーウィックのチャンピオンアップデート(リメイク)詳細が発表されていますね。【スキルダメージ等の詳細あり】

Riotの新年の抱負によると、「ジャックスに本当の武器を与える」そうです。リメイクか!?

数日前にNAにて発表された、Riotの新年の抱負によると「ジャックスに本当の武器を与える」そうです。 http://nexus.leagueoflegends.com/2017/01/ask-riot-new-years-resolutions/ ※考察無し 本当の武器を与える=リメイク? 前々から、「いずれ本当の武器を与える予定だ。」とRioterが発言していたのでおそらくリメイクが来ると思います。 今年中に来るはずなので、作業期間が9ヶ月ほどであることを考えると、ワーウィックのチームがアップデートするならば、最長でも10月頃。ガリオのチームがアップデートするならば、最長でも12月頃になると思います。 シンジドのアップデートがあるとすると、ガリオのチームがやる可能性が高いので、12月頃になるのでは? と個人的には思っています。 シンジドのリメイクについて http://news.lol-gg.net/2017/01/post-228/ リメイク作業がどうやって行われているか? については、 http://news.lol-gg.net/2016/12/post-99/ まとめ 今年中にはジャックスのリメイクが来るようです。
Read More
Riotの新年の抱負によると、「ジャックスに本当の武器を与える」そうです。リメイクか!?

シンジドのリメイクはそろそろ?? ユニバースに追加されたシンジド関連のストーリーがなにかのティザーではないか? と噂されています。

数日前に、「悪魔の改造手術」というストーリーがユニバースに追加されたのを知っていますか? このストーリーには、「シンジド」が登場し「被検体」でいろいろと実験するわけなのですが(キメラ化?)、所々で挿入されている画像に、「爪形の武器?」やその他諸々の装備らしきものが描かれています。 これらは、なんらかのティザーではないか? と噂されています。 http://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/singed-thenightmare-story ※考察無し シンジドのリメイクのティザーか? 所々に描かれているものは、武器のように見て取れます。 ストーリーでは、人体実験をして、被検体が襲いかかってきて、取っ組み合いになって気づいたら被検体は死んでいた。 と言った感じです(かなり要約しています) 途中で、「実験して何かを作ってるし、新チャンピオンのティザーかな?」と思いましたが、最終的に死んでしまったので違うと思われます。 シンジドはワーウィックのお友達 シンジドは、現在リメイクが行われているワーウィックのお友達(弟子)です。(ゾウン関連) VGUでは、ストーリーも一新されるので、関係のあるシンジドも一緒に…… という可能性はあります。 (ちなみに、現在リメイクが行われているガリオはデマーシア関連であり、ポッピーと繋がります。) Riotの新年の抱負 によると、「Re-tool」するそうです。 「Re-tool Singed to better suit the support end-game fantasy」 と数日前に発表されたRiotの新年の抱負で発表されています。 リメイクを意味しているのか? はわかりませんが、何らかの変更がシンジドに与えられるのは確実です。 http://nexus.leagueoflegends.com/2017/01/ask-riot-new-years-resolutions/ まとめ 「悪夢の改造手術」は何かのティザー?? シンジドはワーウィックと繋がる 新年の抱負でシンジドのアップデートについて発言している。
Read More
シンジドのリメイクはそろそろ?? ユニバースに追加されたシンジド関連のストーリーがなにかのティザーではないか? と噂されています。

パッチ7.1では、ジャングルの経験値が減少し、ADC(ドレイヴン/ルシアンetc…)をバフする予定だそうです。他PBE情報

NA Rioterである、Meddler氏によるとPatch7.1では ジャングルの経験値を減少させ、ADCをバフする予定だそうです。他にも、「巨人の勇気はまだ強すぎる」とも発言しています。 http://www.surrenderat20.net/2017/01/red-post-collection-meddler-on-marksmen.html#more ※考察有り JG経験値が減少 ブルーバフ - 210 から 200 レッドバフ -210 から 200 グロンプ -210 から 200 中くらいのクルーグ- 45 から 35
Read More
パッチ7.1では、ジャングルの経験値が減少し、ADC(ドレイヴン/ルシアンetc…)をバフする予定だそうです。他PBE情報

あれれ……PBEに追加されたRampageのサモナーアイコンのデザインが新しくなっています。

つい先日アップデートがあったPBEに、2017 SpringSpritに出場するチームのサモナーアイコンが追加されました。 そして、LJLのDetonationN FocusMe/Rampage/Rascal Jester/Unsold Stuff Gaming/7th heaven/SCARZ のアイコンが追加されたわけですが、Rampageのアイコンが新しくなっています。 http://www.surrenderat20.net/2017/01/13-pbe-update.html#icons 比較 新 旧 よく見たら、新体制発表の時のユニフォームのアイコンが新しいのでした。 http://mikulas.jp/archives/9702 http://www.negitaku.org/news/21160/ 新体制発表時のユニフォームのアイコンが、よく見たら新しいものでした。気づいてませんでした……。Evi選手やYutoriMoyashi選手の加入に目が行ってしまいましたね。 なお、RPGの公式HPでの発表は全くない模様。 http://www.japanrampage.com/ Roki選手脱退の記事が、12月29日で新体制を発表した(と外部サイトが発表した)時は、12月26日です。 Mikulasさんや、Negitakuさんもよく見に行きますが、やはりLJL出場チームの情報は公式サイトから得たいですね。というか、全く更新されない公式HPの意味ありますか??(ブーメラン) まとめ RPGのチームアイコンが新しくなっています。 僕は新体制発表時に気づきませんでした。 RPG公式HPでの新体制発表はないです。
Read More
あれれ……PBEに追加されたRampageのサモナーアイコンのデザインが新しくなっています。

これから始まるSpringSpritから、BAN枠が10枠になります! 一般向けは後日!

プロシーンのSpringSpritから、BAN枠が10枠になります。   http://jp.lolesports.com/news/tenban2017 ※考察有り 公式発表内容(一部抜粋) バン枠を増やす理由は? 今回こういう形でバン&ピックシステムを変更することで、私たちはプロシーンにおける「チャンピオンの多様性や戦略の幅」を向上できるはずだと考えています。バン枠の増加は各プレイヤーが得意チャンピオンの数を増やすきっかけとなり、結果としてサモナーズリフトにはより多様なチャンピオンが降り立つことになるでしょう。またファンにはより楽しく見応えのあるドラフトフェーズをお届けできるようになると確信しています。 チーム組織間での試合とマッチメイキング試合の差異を考慮すること 私たちは、バン&ピックシステムの改善にはさまざまな利点があると考えています。しかしこれが、プロの試合やチーム組織間での試合と一般的な試合では若干異なる影響を生み出すことも見過ごせません。チーム組織間で行われる試合は基本的に「同じプレイヤーが試合に臨むこと」を前提としていて、対戦相手の得意なチャンピオンも互いに把握しており、場合によっては過去に対戦した経験もあります。一方でマッチメイキング試合では毎回新しいメンバーが集ってチームを編成し、試合前には対戦相手の情報もありません。この差異があるため、新しいバンシステムの及ぼす影響は両者で異なるものになります。 チーム組織間での試合におけるバン&ピックの流れ 前半のチャンピオン選択は現在と変更ありません。各チームが交互に合計3体のチャンピオンをバンし、続いてピックを行ないます。ブルーチームが先に1体をピック、次にレッドチームが2体をピック、今度はブルーチームが2体をピックして最後にレッドチームが1体ピックするというおなじみの流れです。2回目のバンフェーズはこの後に始まります。この時はレッドチームが先にバンする権利を得て、チャンピオンを交互に1体ずつ合計4体バンします。その後に最終ピックフェーズが開始されます。この時も優先ピック権はレッドチームにあり、まず1体をピックできます。ブルーチームはその後2体をピックし、最後にレッドチームが1体をピックしてドラフト完了となります。 バンがある通常のマッチメイキング試合はどうなる? 新しいバン&ピックシステムが通常のマッチメイキング試合に導入されるのは、もうしばらく後になります。通常の試合には、チーム組織間での試合とは異なる要因(味方は初めて組むプレイヤー同士で、なおかつ相手チームの情報が不足している 等)が存在しているので、現在は最適なスタイルを評価・検討している段階です。 ~~ また、通常の試合においては、ゲーム開始までにかかる時間の長さも大きな懸案事項のひとつです。「プレイ」をクリックしてから実際にプレイし始めるまでの時間が長すぎる、というフィードバックがすでに多くのプレイヤーから届いています。ですので、チャンピオン選択フェーズの短縮に注力するという案も検討しています。  考察 "BAN10枠はプロから、一般プレイヤーは後回し。"っていうタイトル付けようかと思ったけど、悪意のあるタイトルになるから止めておきました。はい。 "BAN10枠は、可能性を秘めている"とのことですが、プロシーンに限定した場合だと思います。一般プレイヤーにとっては、10枠は多すぎると感じます。8枠くらいで良いのでは。 僕は、チャンピオンプールを要求されるとかそういうのはあまり問題では無いと思っています。BAN&Pickにかかる時間が増えるのが一番の問題だと思います。 かみ砕いて言うなれば、めんどうくさい。 プロシーンであれば、相手のチャンピオンプールを狭めるようなBANができますが、一般でいうBANは現状、"OPを使えなくするためのもの" となっています。なので、"OPが生まれないようなチャンピオンバランス"を作り出すことが出来れば、現状の6枠でもまぁ良いと思います。 Riotが言うように、一般では相手がどんなチャンピオン使いなのか? がわからないので"とりあえずOPをBANしとく"が、"OP居ないから、自分の使いたいチャンピオンのカウンターBANしておこう"になれば、戦術的なBAN枠は足りると思います(←これはこれで、BAN枠持っている人の方がほうが優位になってしまいますが……。そこの公平性を持たせるという意味で10枠は良いと思うけども)。 なんだか、「(調整ミスって)OPが6体以上になっちゃってBANが意味なしてないから10枠にして補強するわ」感を覚えてしまいます。 が、まぁなんだかんだ言ってるけども、別に10枠でも良いと思います。時間が延びるだけで、あんま変わらないでしょう。みーんなOP BANするだけですから。 プロの10枠は賛成。一般はどっちでもいいです。 批判(でもないけど)ばっかもアレなので、一般向けBAN10枠システム考えました。 案 一般は面倒なので、上から順番に10個BANをやる。 or プロ向けをやる。 そして、対戦相手の最近の3試合にピックしたチャンピオンを表示するようにする。(マウスオーバーで表示とかにすればごちゃごちゃにならない。) Pick予定チャンピオンを選べるように、BAN予定チャンピオンも選べるようにしておく。(BAN予約でもいいかも)  まとめ まずはプロから、BAN枠が10枠になるよ。 一般向けは後日だよ。
Read More
これから始まるSpringSpritから、BAN枠が10枠になります! 一般向けは後日!

シェアする

ワーウィックのチャンピオンアップデート(リメイク)詳細が発表されていますね。【スキルダメージ等の詳細あり】

先日、チャンピオントレイラーが公開されましたが、すでにワーウィックのチャンピオンアップデート詳細が発表され、スキルやスキンのスプラッシュアートが明らかになっています。

チャンピオンアップデート:解き放たれたゾウンの激憤、ワーウィック - リーグ・オブ・レジェンド
絶望の中で必死に足を動かしながら、獲物がゾウンの石畳の上を逃げていく。空気中に残る血の臭いで、獣は獲物の逃げた方向を知る。どうあがいても無駄だ。獣の攻撃が一閃し、毛皮に返り血が跳ねる——即死だ。だが、これで終わりではない。始末すべき悪党は、まだまだいるのだから。

※考察有り

"内容の引用は、リンクを付けてご自由にどうぞ。どんどん考察しちゃってください!"

シェアする

スポンサーリンク

ワーウィック

固有スキル:永遠の渇き

通常攻撃で追加魔法ダメージを与える。自身の体力が半分以下の場合、追加ダメージと同量だけ体力を回復する。

  • 8 + 2 per levelの追加ダメージ
  • ヘルスが50%以下の時、追加ダメージ分回復
  • ヘルスが25%以下の時は、効果が3倍になる

Q:野獣の牙

前方の敵に噛みつき、与えたダメージの一部と同量だけ体力を回復する。Qを押したままにするとその敵の背後に向かってジャンプする。

  • 50/60/70/80/90マナ
  • クールダウン6秒
  • キーを押しっぱなしで、対象の後ろに移動
  • トータルAD120%+1.0APレシオ +ターゲットの最大ヘルス6/7/8/9/10%のダメージ
  • ダメージの30/40/50/60/70% を回復

W:血の追跡

自動効果:

体力が半分以下に低下した敵チャンピオンが通り道に血の跡を残すようになり(効果範囲はマップ全体)、その敵に「血の追跡」が適用される。「血の追跡」が適用された敵に対してはワーウィックの攻撃速度が増加し、その敵に向かって移動する時は非戦闘時に限り移動速度が大幅に上昇する。体力が残りわずかの敵に対しては、これらの効果が3倍になる。攻撃速度の増加は、中立モンスターに対しても適用される。

  • 体力が50%以下の敵に対して、攻撃速度が50/80/95/110%増加
  • 非戦闘時の移動速度が、低ヘルスの敵に対して35/40/45/50/55%増加
  • 20%以下の敵に対しては効果が3倍になる

発動効果:

もっとも近くにいる敵チャンピオンに「血の追跡」が適用される。この効果はたとえ敵の体力が満タンだったとしても発動する。「血の追跡」の発動効果には長いクールダウンがあるが、「追跡」されている敵チャンピオンがいない間は、クールダウンが2倍の速さで解消する

  • 70マナ
  • クールダウン120/105/90/75/60秒
  • 敵チャンピオンと非戦闘時にのみ発動可能
  • もっと近くに居る敵チャンピオンに8秒間「血の追跡」を適用
  • 敵チャンピオンを感知(可視化??)

E:怒りの咆哮

少しの間だけ受けるダメージが減少する。効果時間の終了時、または再発動時に、ワーウィックは遠吠えをあげて周囲の敵ユニットを怯えさせ、逃げ惑わさせる。

  • 40マナ
  • クールダウン15/14/13/12/11秒
  • 2.5秒間35/40/45/50/55%のダメージ軽減
  • 持続時間後に再使用で、近くの敵に1秒間の恐怖(フィアー)を与える。

R:絶狼牙連撃

通常攻撃で追加魔法ダメージを与える。自身の体力が半分以下の場合、追加ダメージと同量だけ体力を回復する。

  • 100マナ
  • クールダウン110/90/70秒
  • Rで与えたダメージ分をすべて回復(?)
  • 1.5秒のサプレッション(?)
  • 2.5秒間の移動速度が影響(?)
  • 175/350/525(+167.5ボーナスAD)の魔法ダメージを3回(?)
  • 攻撃には、on-hit effectsを適用

原文以下

Warwick leaps 2.5 seconds worth of movement speed in a direction, suppressing the first champion he collides with for 1.5 seconds. Deals 175/350/525 (+ 167.5 bonus AD) magic damage and applies on-hit effects 3 times. Warwick heals for 100% of all damage he deals during Infinite Duress.

引用
http://www.surrenderat20.net/2017/01/110-pbe-update.html#more

その他基礎ステータスについては、Surrender at 20さんをご参照ください。

考察:どんなチャンピオンになるだろうか?

チャンピオンのその他情報は、公式サイトを見れば良いので、今回は少しだけ考察をしようと思います。

まず、ワーウィックがどんなチャンピオンになるか? ですが、「最強のKS(KillSteele)マン(キル回収マン)」/「最強のタワーダイブマン」になるのでは? と僕は思っています。

Wが、「自分が非戦闘状態である時に足が速くなると瀕死の敵に対して強い」というものですね。

そのため、まずはレーナーが仕掛けて、体力を削ったら、川やレーンからWW(WarWick/ワーウィック)が走ってきて、Rで飛びつく。殺しきれなかったら、さらにQ で飛びつく。 といった形が基本的なものになるのでは? と思います。(Q→Rでも良いですね。)

また、Eで自身の受けるダメージを軽減できるので、タワーダイブにも適しています。

さらに、AOE(Area of Effect/範囲スキル)のHardCC(Hard CloudControl/重い行動阻害)を手に入れたので、集団戦もリメイク前よりは、やりやすくなった と思います。

ただし、Eのクールダウンが最短で15/14/13/12/11秒なので、”集団戦中になんども発動してCC要員となる”ということは難しいですね。

チャンピオン性能を最も生かすならば、集団戦も少し遅れて入る形の方が適していると思います。

プレイ動画を見て

PBEでの実際のプレイ動画を何度か見ましたが、

Q取りで赤バフ狩って、Top or BotにLv2でWをアクティブにして走って行くと、CC持ちでない限り、ほぼフラッシュアウトさせることができるようです。(出来ればトライブッシュ方向から)

そして、Wの自動効果発動で、移動速度があがるので、寄りの速度が半端ではありません。Topで介入して、Botで敵が死にかけていた場合も発動するので、TopからBotへと高速移動できるのです。

少しわかりにくいですが、TopにいるWWが 味方赤バフ付近にいる瀕死の敵カタリナに反応し、カタリナに向かって移動する際の移動速度が大幅に上昇しています。

20~30秒以内には、Botへと到達することが出来ていました。(途中から効果が3倍では無くなっていた状態で。)

欠点は、”味方に左右されやすい”こと?

驚異的な寄り速度は、”敵が瀕死の時”のみなので、味方レーナーが対面を5割以下にできないような状態であると、Wのパッシブがほとんど意味の無いものとなってしまいます。

つまり、味方レーナーが対面と同等以上出なければ、生かしにくいのです。(生かせないとは言っていない)

なので、ソロQで使うのはちょっとだけ微妙だと思います。

ただ、実装当初は大体ステータスがOPなので、強いと思いますが……。

(味方に左右される なんていったらどの大体どのチャンピオンにもそういった部分があるのだけれど)

まとめ

  • WWの詳細が公開された。
  • 少しだけ考察をした。